「死にたい」という言葉で伝えたいこと

座間の連続殺人(容疑はまだ死体遺棄)事件では、容疑者がTwitterで「死にたい」とつぶやいている人を探して犯行に及んだという。
僕もたまに「死にてぇなぁ」「生きるのめんどくせぇなぁ」「世界が終わればいいなぁ」とかつぶやいてしまうのだが、これは独り言をブツブツ言ってるのと一緒で、誰かにレスポンスしてもらいたいと思って書いてるわけではない。
結構前に「孤独死上等!」というようなことを書いたのだけど、僕は出来れば死ぬ時は一人で死にたいと思ってるし、この先自殺することがあるとしても一人で死ぬようにしたいと考えている。
 
たぶん「死にたい」の先に他者を求めるかどうかは「死にたい」原因によるところが大きいのだと思う。
孤独が原因だったら「死にたい」の先に誰かを求める。
人間不信が原因だったら「死にたい」の先に誰もいないで欲しい。
 

それでも「殺して欲しい」と思ったことはある

死ぬ時は一人で死にたいと思うのだけど、「誰か殺してくれないだろうか」と考えることはたまにある。
その裏にあるのは(僕の場合は)死ぬことの責任を自分でとりたくないという考えだ。
死んだ後のことだから考えてもしょうがないが、僕が自殺したら近しい人は悲しんで自身のことを責めるだろうと考えてしまう。
もっというと、私が愛する人ほど悲しむし、私が憎んでる人間ほど何も思わないだろうと思う。
勝手な話だが、この非対称性がなんとも業腹に感じる。
ここで「自殺じゃなければ少なくとも近しい人が自身を責める度合いはだいぶマシになるんじゃないか」と考えると、不可抗力で消えたいという思いが出てくる。
理想的な消え方の順番としては、
「壮大な不可抗力(恐怖の大王、世界的な天変地異、全面核戦争など)で世界が終わる」
「航空機事故や局所的な自然災害などの自分を含む大勢が犠牲になるイベントで命を落とす」
「連続殺人鬼のハンマーで頭を叩き割られる」
といったオーダーだ。
冷静に考えるとどれも勘弁してほしいのだけど、これ以上何も考えたくないと思うくらい労働や人間関係に疲弊することは結構ある。
そんな時は、今の状況が終わるならそれも良いか、と考えてしまうのだ。
 

「死」を道具として使う

僕は太宰の作品が好きで良く読んでいる。
でもって、皆さんも御存知のようにこの人は心中とか自殺未遂をよくする。
しかも生き残ってそのことを小説にしちゃう。
心中未遂をして自分だけ生き残ったことを下敷きにして『道化の華』という作品を書いているし、『人間失格』にも似たような場面が出て来る。
また、鎌倉の山の中で首を吊ろうとして未遂に終わったことを『狂言の神』という小説にしている。
 
太宰自身は否定していた気がするけれど、死のうとすることは道具として使える。
人間は自分がいつか死ぬことを自覚して生きる必要がある難儀な生き物だ。
だから、誰かの死には注目が集まるし、人間は命の重さについて長いこと考えを巡らせてきた。
(ただ、深入りするとしんどいし叩かれやすいので綺麗ごとで誤魔化すことも多い。)
「私は死にたいんです」
「私は死のうとしたんだけど失敗しました」
「誰か私を殺してくれませんか」
太宰のように小説にするところまで行かなくても、助けを求める手段としてこいういうことを言う人はそれなりにいると思う。
僕たちはみんな死について敏感だから「自分は今ヤバイ状況だ」と伝える強いメッセージになる。
注意が必要なのは、それに対して差し伸べられるのが、救いの手なのか、異端者に対する隔離なのか、搾取しようとする悪意なのかが分からないことだ。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする