「たゆたえども沈まず」ゴッホとテオのキレイなだけではない関係

原田マハ著「たゆたえども沈まず」(幻冬舎)を読んだ。
今年読んだ小説の中で一番面白かったのでご紹介する。

本書は実在の人物をもとにした小説で、19世紀後半のパリを舞台に、フィンセント・ファン・ゴッホと彼を取り巻く人々の物語を描いている。
オランダ出身の売れない画家のフィンセントと彼を支える弟のテオ(テオドール)。
日本からパリに来た画商の林忠正と部下の重吉
4人のそれぞれにスポットライトが当てられているが、物語の中心にいるのはテオであり、そこに読者の分身として重吉が入り込んで行くように物語が進む。

本書は、多くの史料をベースにしており、年表的なアウトラインは史実に忠実だ。
ただ、あくまでも「事実をもとにしたフィクション」として書かれている。
実在の人物をモデルにし、細部は作家の想像力で補いながら一貫した物語として構築するのは、サマセット・モームの「月と六ペンス」と同じアプローチだと思う。
(脚色の度合いは「月と六ペンス」の方が強く、こちらでは登場人物の名前もモデルとは異なる。)
そして、「月と六ペンス」のモデルはゴーギャンで、本書のモデルはゴッホ
同時代に生き、一時期は共同生活を送った二人の画家である。
本書の中でも二人の共同生活の場面が描かれている。

私の以前のブログでも月と六ペンスやゴッホのひまわりに関連する話を書いているので、ご一読いただけると嬉しい。

旧ブログ:月と六ペンスの感想

自分の心が求めて止まないもの。そのためなら、世俗的なしがらみを捨てて良いと思えるほど没入できるもの。私たちはずっとそれを探し求めている。そして、僥倖、または狂気によりそれを見つけることが出来た人間を羨んでいるのだ。

旧ブログ:ひまわり

大人になってから向日葵の花に惹かれるようになった。子供の頃は特に思い入れはなく、季節を告げる以上の役割を見いだせなかった。夏だから向日葵が咲いたのだ。そして夏が終わるから向日葵が枯れたのだ。向日葵の力強さと愚直さ向日葵は、力強く直立し、陽に向かう。夏の終

ちなみに、お金のデザインという会社がやっているロボアドバイザー(ITを使った資産運用サービス)のサービス名は「THEO(テオ)」という。
名前の由来は、ゴッホを支えたテオのように、現役世代が仕事や人生を充実させるための支援をするという意味だそうだ。
最初に見たときは「センスいいなぁ」と思ったのだが、よくよく考えると、ゴッホは生前は絵が全然売れず、最後は自殺してしまう。
大丈夫なんだろうか。

フィンセントとテオのキレイなだけではない関係

一番胸を打たれたのが、フィンセントとテオの関係だ。
本書で書かれている二人の関係は、「芸術に取り憑かれた兄」と「信じて支える弟」というキレイなだけの関係ではない
フィンセントは、自分の絵が評価されないことに悩み、「お前が売る努力をしないからだ」とテオに当たる。
(テオは有力な画商で支配人として働いている。)
それだけでなく、画材用にテオから貰った金で、に溺れたり娼婦を買ってしまう。
ちなみに、このどうしようもない状況のフィンセントにツケで画材を売ってやり、代金の代わりに肖像画を書くことを了承したのが、ゴッホの代表作として肖像画が残っている「タンギー爺」さんだ。
傍から見ているとどうしようもない男なのだが、僕はつい感情移入してしまう。
本気で取り組まなければいけないことであるがゆえに、なかなか手を付けられない。
それが認められなかったら、自分が何者でもないという事実を突きつけられてしまうから。
そして当座の安楽を与えてくれるものにすがるのだ。

テオも、フィンセントの描く絵を高く評価しているが、援助することに迷いが無いわけではない。
何者にもなれないフィンセントに代わって自分が家督を継いだため、テオは仕事から逃れられず、母や妹たちを養う責任を負わされている。
それにも関わらず、フィンセントが絵を描かずに、自分の援助を当てにしながら享楽に溺れることに苛立つ。
一方で、幼い頃から仲がよく、憧れていたフィンセントが、何者にもなれないでいることを悲しんでいる。
たまさか、フィンセントの存在が自分の幸福には障害になるかもしれないと考えることもある。
そして、フィンセントも同じように、自分の存在が弟を苦しめていないかと悩んでいる。

兄を見捨てられないテオの姿は、才能を持つが認められない兄を支える自分に使命を感じる共依存にも見えるし、家族の繋がりが今よりも濃密だった時代の価値観に囚われた囚人のようにも見える。
ただ、それだけでなく、フィンセントの描く絵の価値を誰よりも認めているのがテオだった。
苛立ち、疎ましさ、申し訳なさ。
そういったマイナスの感情を含んだ関係だからこそ、フィンセントの絵に対するテオの愛がより真実のように思えるのだ。

パリは燃えているか

本書のタイトルの「たゆたえども沈まず」は、パリの街の形容である。
パリの街中を流れるセーヌ川は、水利と豊穣をもたらすが、時として氾濫し人々の暮らしに大きな損害を与える。
だが、そんな中でも、何度も復興しながらパリはパリとしてそこにあり続ける。
たゆたえども沈まない街なのである。

歴史的にはパリではフランス革命、第二次世界大戦時のレジスタンス運動など多くの反権力的な闘争の舞台になった。
そして奇しくも今は、燃料税引き上げに抗議するイエロージャケットのデモがパリを含めたフランス全土で加熱している。
花の都、反権力の砦、はみ出し者が集まる街。
本書を読んで、一度パリを訪れてみたいと思った。
そういえば大学では第二外国語でフランス語を取っていたんだった。

それでは皆様 Au revoir!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする